ドラムブレーキのカップの劣化について

query_builder 2023/10/25
ブログ
PXL_20231024_043709162

めっきり寒くなりましたね、ご無沙汰してしまい申し訳ございません。納車と引き取りが多くて写真が撮影できずブログがちょっと停滞してしまいましたが、また頑張ってUPしていきます!

今日はドラムブレーキのカップの劣化についてちょっとご説明いたします。

軽自動車や小型自動車などの後輪によく使用されているドラムブレーキですが、ブレーキフルードの交換を怠ると内部に水分が溜まり見えないところでブレーキフルード(ブレードオイル)が漏れてブレーキが効かなくなることがあります。

PXL_20231024_043805947.MP~2

点検時にここにブレーキフルードが漏れていたらアウトですが、外から見えません。

中のシリンダーについているパッキンと外側のカップを交換します。

PXL_20231024_043717186

これがブレーキシューで外側のドラムと接触することで、スピードが下がる仕組みです。

これをはずしてカップの中身を新品と交換します。

ブレーキフルードが漏れてしまうので、交換後はエア抜きを実施します。エア抜きと同時にブレーキフルードも新しいものに入れ替えます。


PXL_20231024_043712717

これがブレーキドラムですね。

さて問題です。

この車の車種はなんでしょう?

日が暮れてしまいましたので、答えは明日にします。

ヤっちゃえ日産!

記事検索

NEW

  • BMW MINI クラブマン ご成約ありがとうございました

    query_builder 2024/07/03
  • タント クーラー修理

    query_builder 2024/06/03
  • スイフトの燃料ポンプ交換

    query_builder 2024/05/24
  • スバル サンバー アイドリングで停止してしまいます

    query_builder 2024/05/09
  • ゴールデンウイークの営業につきまして

    query_builder 2024/04/28

CATEGORY

ARCHIVE